プレイヤー間の温度差

ガチガチのトーナメントプレイヤーとカジュアル志向のプレイヤーの温度差。
どんな競技でもあるんだろうけど、遊戯王の場合はルールの関係もあってそれが顕著なように思う。


トーナメントプレイヤーはデッキを手段として用いる。
1キルであれVであれ、ルールにのっとっているなら使うことをためらうことはしない。

カジュアルプレイヤーはデッキを使うことが目的。
だから、そのデッキの動きを阻害するような戦法を使われることを嫌う。

この二者は大会において相容れることはない。

もちろん、この二者の間にはいくつもの段階があることはいうまでもない。
そして、人は自分とは違う立場にいるものを拒絶する傾向がある。
各人は自分の立場を自覚する必要があると思う。

世の中には話し合いで解決できるものとできないものがある。
トーナメントプレイヤーとカジュアルプレイヤーとの温度差もこれに該当するだろう。
それを忘れないようにしたい。

1 thought on “プレイヤー間の温度差

  1. どのように楽しむかは人それぞれですが、
    その温度差をうまく緩和するのが管理者の役割で、
    こまめに環境管理していただければ、そう問題は大きくならないはず。
    でも、それをなかなかやっていただけないのが難しいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です