昨日の記事について

昨日の記事ついての補足です。
もしかしたら、信じてしまった方もいらっしゃるかもしれませんし。

海外の禁止・制限カード情報はでっち上げです。
というか、次回改訂時の私の希望が色濃く反映されています。
感のいい方は《ガジェット》で気づかれたでしょうし、そうでない方もわざわざ設けた準制限の項で気がつかれたのではないでしょうか。

4月1日に改訂されたのは本当ですが、内容を偽ってみました。
本当は今回の改訂で、海外も日本と同じ禁止・制限カードが適用されるようになりました。
発売されているカードの違いはあるにせよ、喜ばしいことです。

TATの方はHataさんの記事に準拠して作っただけのデッキです。
各自の調整次第では、大きく化けるデッキじゃないかと思います。
死デッキ、魔デッキの競演は、なかなか楽しいものがありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です