不快感を与えただけで犯罪に!?

不快感を与えるのは違法

 新しく可決された連邦法には、インターネット上で誰かに不快感を与える可能性があるときは、自分の身元を明かす必要があると明記されている。以下にその関連部分を示す。

 「電気通信または他の種類の通信を行うことができる任意の装置またはソフトウェアを利用する者が、インターネット経由で、自分の身元を明かすことなく、受信者を不快にしたり、罵倒したり、困らせたりする意図をもって発信を行った場合は、第18項の規定に基づく罰金刑、2年未満の懲役、またはその両方に処するものとする」

「不快感を与えただけで犯罪に」–米国新ネット関連法の危うさ – CNET Japan

これはひどい。ちょっと前の遊戯王界だったら、みんな逮捕されちゃっていたよ。

1 thought on “不快感を与えただけで犯罪に!?

  1. 米国には「不快」に関する定義があるんでしょうか?
    それとも社会的に何かコンセンサスがあるんでしょうか?
    日本でだったら曖昧すぎて白黒つけがたいですね。
    米国では弁護士余りが深刻な問題になっているようですから、
    訴訟件数を増やして弁護士に仕事を作るためじゃないだろうか?
    なんて、うがった見方をしてみたくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です