好きなカード-マジック編(4)

最近は赤いデッキを少し使っています。その中で一番のお気に入りのカードが《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》です。


このカードは《スークアタの槍騎兵/Suq’Ata Lancer》という古いカードに似ているといわれています。しかし、わたしは「側面攻撃って何?」という世代なので、よくわかりません。それでも能力的に近いものであることは理解できます。

《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》は3マナ2/2でサイズは標準的です。さらに追加の能力として速攻と武士道1を持っています。

速攻は俗に言う召喚酔いの影響を受けないので、プレイしたターンにアタックできます。速攻を持っているとある意味火力のような使い方もできます。このように速攻は赤だけが持つ能力なのです。

武士道1は戦闘の時のみサイズが+1/+1される能力です。武士道があれば戦闘で一方的に負けてしまうことはかなり少なくなります。標準的なサイズである2/2に一方的に勝てるというのは大きなメリットです。

理由はよくわからないのですが、わたしはこのカードが好きです。赤なのにデメリットがないからでしょうか。今の赤の3マナクリーチャーでは一番使えると思っているので、スタンダードから落ちるまでずっと使っていると思います。

好きなカード-マジック編(4)」への3件のフィードバック

  1. ペンギン隊長

    《スークアタの槍騎兵/Suq’Ata Lancer》は《リバー・ボア/River Boa》に再生を許さないことが魅力でしたが
    当時はボーライを転がせたのでそこまで使われなかった気がします。
    バーンが強い時代だったのですぐ焼かれますし。
    今の赤いデッキだと《尖塔の源獣/Genju of the Spires》が強いですね。
    青単やウルザトロンなどのブロッカーを用意できないデッキ相手にはかなり強いです。
    事実上速攻持ちで除去使われた場合でも戻ってくるのが嬉しい(エンチャント除去やバウンスには弱いけど)
    緑相手には《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》でなんとか。

    返信
  2. TaMi

    >ミヤコさん
    リミテッドだけでなく、構築でも使ってしまうほど好きなっています(笑)。
    >ペンギン隊長さん
    昔の火力の基準だとクリーチャーより火力で全部本体を焼いた方が速そうですね。
    源獣シリーズは強いですね。
    ただ、土地が少ないときだと除去が少しきつい感じがしました。
    ある意味土地破壊された状態になりますし。
    土地があまってくると非常にやっかいなカードですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です