遊戯王ユーザのためのMTG講座(3)

マジックの花はクリーチャーの戦闘です。戦闘関係のシステムは遊戯王とマジックは全く違うので、今回はクリーチャーと戦闘について解説していきます。

おまけ:比較的低予算で組めるコモンデッキシリーズを開発中です。トーナメント思考に凝り固まった頭にはかなり新鮮なので、作っていること自体が楽しいです。


クリーチャーの基本
クリーチャー同士の戦いにおいてもっとも重要視されるのがサイズです。単純にパワーとタフネスの値が大きいクリーチャーが強いです。たとえばこちらの場にパワー4、タフネス5(4/5と表記)がいるとし、相手の場に1/1のクリーチャーが4体いるとします。この状況だと相手のクリーチャーは攻撃しても無駄死にするだけです。しかし、こちらのクリーチャーは攻撃しても戦闘によって破壊されることはありません。マジックではサイズの大きいクリーチャーをコントロールしているだけで場の支配権を握れるわけです。

クリーチャーのサイズ
・1マナ-1/1
・3マナ-2/2
・5マナ-3/3

標準的なクリーチャーのサイズとコストの関係は上の通りです。この基準以上のサイズを持っているクリーチャーは強く、逆にたいした能力もないのにこのサイズを下回っているクリーチャーは弱いといえます。

たとえば、《灰色熊/Grizzly Bears(8ED)》は2マナ2/2であり、上の基準からするとかなり強いクリーチャーです。熊はバニラ(何の能力もない)なクリーチャーですが、コストの基準から見れば大きなクリーチャーなので、シールド戦やドラフトなどでは主戦力となり得ます。

逆に3マナなのに1/1しかない《マイアの土地刻み/Myr Landshaper(DST)》は能力的にも魅力がないので通常のクリーチャー戦では使われません。

戦闘に関するシステム
遊戯王では攻撃側のプレイヤーが攻撃する対象を自由に選べます。それに対してマジックは攻撃する対象は相手プレイヤーのみとなります。また、遊戯王では1体ずつ攻撃を仕掛けることができますが、マジックは一斉攻撃しかできません。

防御側のプレイヤーは自分がコントロールするアンタップ状態のクリーチャーで相手クリーチャーのアタックをブロック出来ます。たとえて言うなら《ノーブル・ド・ノワール》の効果がルールとして認められているわけです。さらに、攻撃クリーチャーは団結してアタック出来ません。攻撃対象が相手プレイヤーのみなのでそれぞれ個別にアタックすることになります。それに対して防御側は1体の攻撃クリーチャーに対してブロックするクリーチャーを何体でも割り振ることができます。このようなシステムなので、戦闘に関しては防御側が圧倒的に有利です。このため、攻撃出来ないクリーチャーが場にたまってくるのは必然といえるでしょう。

回避能力
システム的にクリーチャーの数が多くなってくると場が膠着します。この状況を打開するためにいくつかの回避能力が設定されています。

飛行
一番メジャーな回避能力です。飛行を持つクリーチャーは飛行を持つクリーチャーにだけブロックされます。飛行を持っていても通常のクリーチャーをブロック出来ます。

畏怖
黒のクリーチャーが多く持っている能力です。畏怖を持つクリーチャーは黒かアーティファクト・クリーチャーにしかブロックされなくなります。相手が黒のカードを使っていなければ非常に強力な能力です。

土地渡り
「山渡り」というような表記をされます。この場合、相手が山をコントロールしている限り山渡りを持つクリーチャーはブロックされなくなります。相手のデッキに依存しますが、最強の回避能力の一つといってもいいでしょう。

回避能力はクリーチャー戦にとって非常に重要な役割を持っています。しかし、回避能力は非常に強力なのでクリーチャーのサイズ的には通常のクリーチャーに劣ることがほとんどです。

4 thoughts on “遊戯王ユーザのためのMTG講座(3)

  1. 戦闘は奥が深い・・・。
    あと速攻、先制、トランプルとかですか。
    神河はイメージがあまり好きじゃないから神河落ちてからやりますか。って何年後だよ俺(笑

  2. コモンデッキだと黒が一番無難な感じがします。
    《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》と《氷河の光線/Glacial Ray》が使える赤も捨てがたいのですが
    クリーチャーが貧弱なので厳しそう。
    赤緑にすれば《木霊の力/Kodama’s Might》が使えて
    面白そうな秘儀デッキが組めそうな気はします。
    ずべらと《貪る強欲/Devouring Greed》のスピリットデッキも可能性がありますね。

  3. >あのさん
    どれも人気のカードですからね。
    最初のうちから強力なレアカードに慣れてしまわない方がいいかもしれません。
    カードパワーだけで勝つような戦いはあまりよいものとは思えませんし。
    強いレアカードは値段も高いので、最初のうちはコモン、アンコモンだけでもよいと思いますよ。
    >ペンギン隊長さん
    コモンに使える除去が多い黒は強いですね。
    赤緑の王道デッキはマジックを始めたばかりの初心者にはやはりお勧めできると思います。
    >レナリスさん
    戦闘はおもしろいですね。
    戦闘がおもしろいから、私はリミテッドもMOでやるのかな。
    基本能力は遊戯王と関係あるものだけを解説しました。
    残りはもっとよいサイトで学んでくださいね。
    神河は基本に忠実なセット、という感じがするので、私は好きですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です