神話の終わり

マジックでは毎年3月、6月、9月、12月は禁止カードの定期的な見直しが行われます。今回はスタンダード環境に大幅な変化があるという記事があった関係で、いつもより注目されていました。電結親和というものすごく強いデッキのせいで環境がゆがんでいると、開発元が直々に公表していました。

その結果、禁止カードが一挙に8枚追加という大英断になりました。さすがにここまでしなくてもいいんじゃないかとは思いますが、環境から親和というメカニズムそのものを追放するには、このくらいする必要があるのでしょう。

環境最速のビートダウンは姿を消すことになるでしょう。次に高速なビートダウンは白ウィニーだと思います。そうしたら白ウィニーが広く使われることになるのでしょうか。これから注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です