禁止・制限カード予想反省会

本日、公式サイト新制限が発表されました。ほぼ一ヶ月前に私が予想したものが、どれくらい合っているかを見直そうと思います。


私の予想

《カオス・ソルジャー -開闢の使者/Black Luster Soldier – Envoy of the Beginning》
《混沌帝龍 -終焉の使者-/Chaos Emperor Dragon – Envoy of the End》
《同族感染ウィルス/Tribe-Infecting Virus》
《黒き森のウィッチ/Witch of The Black Forest》
《クリッター/Sangan》
《サイバーポッド/Cyber Jar》
《八汰烏/Yata-Garasu》
《サンダー・ボルト/Raigeki》
《ブラック・ホール/Dark Hole》
《ハーピィの羽根帚/Harpie’s Feather Duster》
《死者蘇生/Monster Reborn》
《いたずら好きな双子悪魔/Delinquent Duo》
《苦渋の選択/Painful Choice》
《破壊輪/Ring of Destruction》
《王宮の勅命/Imperial Order》

結果

《混沌帝龍 -終焉の使者-》
《黒き森のウィッチ》

《処刑人マキュラ》
《魔導サイエンティスト》
《ファイバーポット》
《八汰烏》
《サンダー・ボルト》
《ブラック・ホール》
《ハーピィの羽根帚》

《死者蘇生》
《強引な番兵》
《押収》
《悪夢の蜃気楼》
《心変わり》
《蝶の短剣-エルマ》
《苦渋の選択》
《第六感》
《王宮の勅命》

13個以上当てると言っておきながら8つという体たらく。しかも、当たっているのがこれは永久に禁止でしょう、というカードばかり。なんというか、ここまで外すとすがすがしい気分になりますね。

一応言い訳をすると、1ヶ月前にはまだ《洗脳-ブレインコントロール(TLM)》が出るとは知らなかったし、《カオス・ソルジャー -開闢の使者》がEE2の顔になっていることも知りませんでした。

でも、ここまで外すということは、コナミが思い切った環境の変化を起こそうと思っているとも言えるわけで。そういう意味ではよい意味で裏切られた格好になりました。

1 thought on “禁止・制限カード予想反省会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です