日記」カテゴリーアーカイブ

「盗作」は違法行為です

Direct Attack!!!! | 「転載」の話。

よくサイトに「無断転載禁止!」と書かれていることがありますが、その場合でも「引用」の範囲にとどめておけば法律上の問題になることはありません。
「引用」は日本の著作権法で認められている正当な行為です。
その場合は必ず原著を指し示さなければなりません。

それに対して「盗作」はれっきとした違法行為です。
「盗作」は非合法ですから、原著を指し示すなんてことはもちろんしません。
ある著作物の表現等を改変しそれを勝手に公表すれば、それは「盗作」です。
もちろん、「盗作」だと判断するのに十分な根拠があれば、原著者から訴えられることがあります。

身に覚えのある人は、今すぐやめた方がいいですよ。

昨日の記事について

昨日の記事ついての補足です。
もしかしたら、信じてしまった方もいらっしゃるかもしれませんし。

海外の禁止・制限カード情報はでっち上げです。
というか、次回改訂時の私の希望が色濃く反映されています。
感のいい方は《ガジェット》で気づかれたでしょうし、そうでない方もわざわざ設けた準制限の項で気がつかれたのではないでしょうか。

4月1日に改訂されたのは本当ですが、内容を偽ってみました。
本当は今回の改訂で、海外も日本と同じ禁止・制限カードが適用されるようになりました。
発売されているカードの違いはあるにせよ、喜ばしいことです。

TATの方はHataさんの記事に準拠して作っただけのデッキです。
各自の調整次第では、大きく化けるデッキじゃないかと思います。
死デッキ、魔デッキの競演は、なかなか楽しいものがありますよ。

衝動が連鎖しました

Hataさんが遊戯王デュエルモンスターズエキスパート2006購入したというので、私も欲しくなっちゃったので買っちゃいました。短時間で終わるデュエルは、ちょっとした時間つぶしになりますからね。

選んだ初期デッキは「魔法使いの裁き」。ゆくゆくはブラマジデッキやサクリデッキなどを作ろうと思っているので、魔法使い族ははずせません。デッキ自体の完成度もかなり高いですしね。

ゲームのレビューとかはやらない予定ですが、どうしても書きたいことがあったら書くかもしれません。たぶんないんじゃないかと思いますけど。

不快感を与えただけで犯罪に!?

不快感を与えるのは違法

 新しく可決された連邦法には、インターネット上で誰かに不快感を与える可能性があるときは、自分の身元を明かす必要があると明記されている。以下にその関連部分を示す。

 「電気通信または他の種類の通信を行うことができる任意の装置またはソフトウェアを利用する者が、インターネット経由で、自分の身元を明かすことなく、受信者を不快にしたり、罵倒したり、困らせたりする意図をもって発信を行った場合は、第18項の規定に基づく罰金刑、2年未満の懲役、またはその両方に処するものとする」

「不快感を与えただけで犯罪に」–米国新ネット関連法の危うさ – CNET Japan

これはひどい。ちょっと前の遊戯王界だったら、みんな逮捕されちゃっていたよ。

読点の打ち方

読点「、」の打ち方は難しいものです。私はここ1年くらいずっと試行錯誤をしています。そんな私にとって参考になる記事がありました。

読点「、」つまり「テン」の打ち方は非常に重要だ。しかし、それは他の記号以上に「ルールなき世界」でもある。「こうでなければならない」とは誰もいえない。しかし、「こうした方がいいかな」ということは(曖昧だが)いえるかもしれない。

読点(、)はどこに打つか?句読点の使い方2 [絵文録ことのは]2004/01/08

読点をどこに打つべきかが簡潔にまとめられていました。読点の打ち方に絶対的なルールないとのことなので、自分なりのルールを作ることがいいようです。

最近はあまり読点を打たないように心がけています。その前は少し多めに打つことを心がけていました。どちらがいいのかはその人の好みによりますね。

今後についてのお知らせ

昨日地元の同窓会に出席してきました。お酒をエンドレスで飲み続け、いろいろな人に身の上話を聞かせて回ってました(酔っぱらいはイヤですね)。みんなから昔のことはどうにもならないから、これからがんばればいいじゃない、と言われて、ここ1ヶ月ほど悩んでいたことに結論を出しました。

私TaMi(テレポ)はカードゲームを全面的にお休みして、司法書士試験の勉強一筋に生きます。

カードゲームはとても楽しいものであり、仲間との交流も楽しいものです。しかし、カードゲームは頭を使うものであり、同じく頭を使う勉強とは両立できないことは前々からわかっていました。司法書士試験は簡単な試験ではありません。私の頭では大学受験の時以上の努力が必要となるでしょう。行政書士や宅建の試験のときは直前期はデュエルをしないようにはしたものの、ネット巡回は普通に行っていました。しかし、司法書士試験でこれと同じ事をやっていてはまず合格することが無理と判断し、ブログの巡回をストップします。

遊戯王ニュース

ブログ巡回をストップする以上、ニュースで紹介できるような記事を見つけることは非常に困難になります。私が記事を紹介することも少なくなるでしょう。その分、他のライターの方にお任せしたいと思います。

遊戯王ニュースなんて別に要らないと考えているライターの方は、記事を投稿しなくて結構です。記事が少なくなって廃れていこうとも、私は責めたりしません。時代が必要としなくなったのであれば、ひっそりと消え去るのみです。

Google AdSenseとAmazonアソシエイトについてはどうしようかと悩んだのですが、司法書士試験のテキストは総じて高くまた数も多いので、書籍購入代として使わせていただく予定です。もちろん、ニュースの運営費にも回します。この点が気に入らないライターも方もまた記事を投稿しなくて結構です。

このブログ

見ればわかると思いますが、このブログからカードゲームを取り去ったらほとんど何も残りません。カードゲームを目当てにお越しいただいている方は、巡回ルートからはずした方がよいと思います。RSSリーダーをお使いの方は、そのまま残しておいても問題ないかと思います。ブログを削除するわけではありませんので。

辞書データ

辞書データの新規作成も凍結します。メンテナンスも行いません。今後は本家のめたぽさんが作成されるものをご利用下さい。

これからも私TaMi(テレポ)をよろしくお願い申し上げます。